ナークスKを使うと安心してキレイに除毛できる?

普段からエステに通う時間やお金があればいいですが、それを継続するのも大変。レーザー脱毛のような高出力の脱毛器を使うとなると、脱毛はキレイにできたとしても肌に痛みを感じたり、軽いやけどのような症状が出ることがあります。

カミソリを使って何度もムダ毛処理をしていると、毛穴が炎症を起こしてしまってお肌をボロボロにしてしまう可能性もあります。電気シェーバーは肌への負担は少ないですが、深剃りができませんし、ピンセットなどでの毛抜きも毛穴へのダメージが無視できません。

色々な方法がある割には「これが一番良い!」という決め手のあるものがなかなかなくて悩む女性の方も多いかと思います。今回はどんな除毛の方法があり、ナークスKがどのように他と違うのかを説明していこうと思います。

>>ナークスKの詳細はこちら

除毛の種類ってどんなものがある?


自分の体や時間、お金など合ったものに合わせて除毛されているかと思いますが、改めてどのような種類や方法があり、それぞれのメリットやデメリットを考えてみたいと思います。

自己処理での除毛

カミソリ


やはり一番一般的で多くの方がされているのがカミソリで剃る方法ではないでしょうか。なんと言ってもお手軽で簡単。そして最大のメリットは他のムダ毛処理の方法と比べて最もコストパフォーマンスが高いということでしょう。大容量の替え刃セットで購入すればかなりお得で品質もキープできます。
剃るコツをつかむのも簡単で、お風呂に入っている間にスピーディに処理することができます。しかし上手に剃らないと皮膚を傷つけてしまう危険性があります。カミソリは毛だけを剃っているつもりでも、実は皮膚の表面をも同時に削り取っていて、肌の負担が大きいため肌荒れや炎症のトラブルに悩まされることがあります。

電気シェーバー


こちらはカミソリと比べると初期費用はかかりますが、替え刃の必要性の頻度も低くコストパフォーマンスに優れていると言えます。それも手軽で簡単で、カミソリとは違って刃が直接肌に当たらないので肌に優しいです。
しかし肌に直接刃が触れないので深くまで毛を剃れないというのがデメリットで、剃った断面が尖っているので肌を触るとチクチクするし、深くそろうとして強く押さえるとやはり肌が傷んでしまいます。

毛抜き


毛抜きのピンセットは安価であまり交換する必要がないので、こちらもコストパフォーマンスは良いでしょう。個人差はありますが、一度抜くと数週間は毛が生えてきません。それもカミソリなどとは違ってチクチクすることはなく、触った肌はしなやかでスベスベ。
しかし毛穴内部へのダメージはあり、毛穴の内部や出口付近を擦って傷を付けて出血することもあります。その傷から細菌が侵入して毛嚢炎を起こしたり、毛穴が黒っぽくなったり毛穴が膨れ上がることもあります。そしてやはり痛いというのが人によっては耐えられない事かと思います。時間もかかるし、抜きづらい箇所もあるので忍耐が必要な方法です。

トリマー


I字カミソリのような形をしたペンタイプの機械で、刃は小さなバリカンのようになっています。電気シェーバーと同じように、肌には優しくお手軽に処理できますが、やはり仕上がりはイマイチ。どちらかというと産毛の部分に使われます。

ワックス


ムダ毛が気になる場所にワックスを塗り、専用のシートを貼りつけ剥がしていく方法です。ムダ毛と一緒に肌の角質もついでに取れるので肌触りも良く、毛抜きと同じく生えてくるまでの時間が長く数週間は保てます。
人によっては一気に剥がすのが心地いいという人もいますが、やはり痛みは伴うものです。そして埋もれ毛のリスクもあり、人によっては肌を傷つけてしまったり炎症まで起こすことがあるようです。肌が弱い人はあまり向いていないものです。

除毛クリーム


クリームの薬剤成分により、毛のタンパク質に作用して毛を溶かして除毛します。最大のメリットは毛穴の奥までクリームが入り込み毛を溶かしていくのでカミソリやシェーバーなどと比べても美しい仕上がりでスベスベになります。そしてその後生えてくるときも、カミソリなどと比べてあまりチクチク感は無く皮膚を傷つける恐れもありません。
しかしデメリットもあり、肌に合わずかゆみや炎症が発生する可能性があったり、敏感肌だと肌荒れすることもあります。クリームに独特な臭いがあるものが多く、部屋に臭いが少し残ってしまうこともあります。

エステ除毛

レーザー脱毛


脱毛効果の高い脱毛方法で、肌の上から照射して毛が熱を溜め込み毛乳頭を破壊して除毛していきます。毛乳頭が破壊されることによって毛の細胞が栄養を受け取ることができなくなり毛が生えてこなくなります。レーザーは毛にだけ反応し、脱毛効果も高いのですがデメリットも多くあります。
レーザー脱毛で脱毛できるのは成長期の毛だけなので一回だけの処理で完璧に脱毛することはできず、何度も通う必要があります。個人差はありますが、強い痛みがあり、針で刺されたような痛みがあるという人もいるようです。他の脱毛方法に比べて費用が高いこともあり、時間とお金に余裕がある人に限られてしまいます。

フラッシュ脱毛


レーザー脱毛に比べて安く行うことはできるのですが、その分威力が弱く何度も通わなければいけません。安全性も高く、レーザー脱毛よりも痛みは少ないですが効果も弱くなります。例えば脇の脱毛を行うのを、レーザー脱毛が6回程度で終了するのに対し、フラッシュ脱毛は9~12回程度かかります。

プラズマ脱毛


ヨーロッパでも人気というプラズマ脱毛は、キセノンフラッシュという光線を使った脱毛の方法となります。カメラのフラッシュでも使用されるキセノンフラッシュは安全性も高く、料金は安くて痛みも少ないと言います。
しかし日本で使われるようになってからの実績は浅く、まだ詳しい研究がされていない状態です。それに産毛の脱毛は苦手で、永久脱毛は出来ないものとなります。

多数の除毛の方法について挙げてみましたが、お金がかかるもの、肌を傷つけてしまうものなどあって総合的に一番良いものを選ぶのが難しいですよね。
そこで痛みも無く、肌にも良くて安全安心なナークスKをご紹介したいと思います。

>>ナークスKの詳細はこちら

ナークスKは何がすごい?


除毛クリームの一種であるナークスKは、上の項目でも紹介したように簡単で便利に綺麗に除毛することができますが、他の除毛クリームと比べてどのような特徴があるのかを説明していこうと思います。

楽チンな使用方法


スプレータイプの除毛商品で、他の商品よりも届きにくいところでも処理を行うことができます。
それも処理を行う箇所にふりかけて5~10分待ってから洗い流すだけというとっても簡単。
エステに通ったりカミソリや毛抜きなどで処理をする事と比べると、ただふりかけて待つだけで処理を行えて楽チンですね。

使うほど毛穴が閉まる

永久脱毛をしなければいつまでも生えてくる毛にずっと対処し続けていかなければなりません。
しかしナークスKは発毛原因となる男性ホルモンを抑える効果があり、使い続けるほどに生えてくる毛が細くなっていきます。
もちろん個人差はありますが、人によっては半年間で永久的に無くなると実感する人もいるようです。

美容成分配合でお肌もツルツル


除毛剤で心配なのが肌へのダメージ。敏感肌の方は肌荒れやかゆみを生じる場合があります。
しかしナークスKは肌の治療効果や保湿効果、肌荒れ防止作用のあるアロエエキス、シミの予防、改善を促すカモミラエキス、そして天然物で作られ、肌の損傷を防止し柔軟性や光沢を与える加水分解コラーゲンを含んでいて、使用することによってお肌がツルツルになる一度に二度嬉しいものなんです。

ナークスKまとめ


たくさんの除毛の種類のメリット、デメリットを紹介してきましたが、エステに比べるとお手頃価格な上、個人で処理を行う方法の中では安心安全でキレイに処理できるナークスKの特徴がお分かりいただけたかと思います。
除毛方法の決め手に欠けてこれまで除毛に悩んできた方、一度ナークスKを試してみてはいかがでしょうか♪

>>ナークスKの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です