ナークスKは他の脱毛と比べてどんなメリット、デメリットがある?


ムダ毛処理と言えばカミソリや毛抜きを使ったもの、もしくは除毛レーザーなどの処理を行うというのが一般的かと思います。
まだそこまで一般的に浸透していないと言える除毛スプレーですが、知られていない故に体への危険性が無いか心配という方も。
ここでは主に除毛をするための成分であるチオグリコール酸カルシウムについての説明を行っていきます。
さらに、様々な除毛の方法とそれぞれの特徴を挙げ、考えられるナークスKのメリット、デメリットをご説明させていただこうと思います。

>>ナークスKの詳細を見てみる

除毛を行う成分チオグリコール酸カルシウム


一般的な除毛クリームはチオグリコール酸カルシウムという成分で毛を溶かして除毛するものです。
毛を溶かすので皮膚も溶かしてしまう…という噂もありますが、実際のところチオグリコール酸カルシウムが溶かすのは「ケラチン」というタンパク質。
これはムダ毛や髪の毛、そして爪を構成する成分であり、正しい方法で使用すれば安全性には全く問題ありません。

長時間肌に触れていると皮膚に炎症を引き起こしてしまう可能性もあるので使用には注意が必要ですが、ナークスKに関しては5~10分程度のみの使用なので問題にはならないでしょう。
しかし爪が白くなる、ザラザラになるということもあるので、手袋の着用、もしくはヘラを使う必要があります。

安心して使えるとはいえ、
・アトピー・アレルギーをお持ちの方
・日焼けをしている方
・かぶれ、傷などある方
・産前産後の方

は使用を控える方がいいかと思います。

除毛の種類とそのメリット・デメリット


除毛を行う方法は本当に多くの種類があります。
除毛する場所や、体に合った方法を考えたり、お金がかかるものなどもあり一概にこれが決めてというものがなかなかありません。
そこでそれぞれの方法のメリット・デメリットの一覧を簡単にご紹介したいと思います。

カミソリ

メリット

値段が安い。
手軽で簡単。
すぐにキレイになる。

デメリット

皮膚へのダメージが大きい。
埋没毛になりやすい。
毛穴が汚くなり、毛が濃くなる。

毛抜き

メリット

頻繁に行わなくても良い。
安い。

デメリット

痛い。
根気がいる。
肌を傷める可能性がある。
埋没毛になりやすい。

自宅で除毛を行っている方はカミソリや毛抜きをされている方が多いかと思います。
他にもワックスを使って一気に抜く方法もありますが、大きな痛みを伴うし埋没毛の可能性も。
さらに脱毛石鹸は効果がわかりにくく即効性がなかったりします。
そこでエステや医療脱毛についても、それぞれの方法や効果などを少し詳しく調べてみました。

ニードル脱毛(電気脱毛)


極細の針を、毛穴の一つひとつに差し込み電気あるいは高周波を流します。
それにより毛根部が破壊され、二度と毛が生えてこなくなります。
歴史のある脱毛方法で、現在は施術を行わないところもあります。

メリット

完璧な永久脱毛に近い脱毛効果がある。
他の脱毛と比べて、最も確実性の高い脱毛方法。
レーザーなどには反応しにくい、色素の薄い毛や、細い毛にも対応できる。
レーザー照射できない部位(目元や眉毛、色素沈着しているビキニラインなど)でも処理できる。
広範囲ではなく部分的な脱毛に効果的。

デメリット

施術に時間がかかり、個人差や部位によって痛みを強く感じることがある。
跡になったり色素沈着と言ってシミのような色が残ってしまったりする可能性がある。
脱毛が完了するまでには時間がかかったり費用も高くなる。
施術者のレベルによって違ってくる。

痛みが大きい事や時間がかかるなどの理由から通常の脱毛として選択されることは少なく、抜けきらない毛がある時やレーザー脱毛の副作用で濃くなってしまい抜けなくなっ毛に対してピンポイントで行う場合が多いです。

【必要な期間】
平均的に1年~1年半の期間、3週間に1回程度。 (毛のサイクルによる)
※クリニックや、施術部位、個人差により異なります。

光脱毛(フラッシュ脱毛・IPL脱毛・プラズマ脱毛)


黒色に反応する光線で毛球や毛乳頭を処理する方法です。
レーザーによるムダ毛処理法と原理は同じですが、多様な毛質、毛根の深さに反応し、光線が脱毛処理部の毛根にきちんと届くよう設計されたマシンを使用します。

メリット

一度にまとめて処理できるので、電気脱毛などと比べ短時間。
レーザーに比べ、痛みが軽い。
一回の料金が比較的安い。
少しずつムダ毛が目立たなくなっていく。
表面に毛が伸びてなくても施術できる。
肌にやさしい。
長期的な脱毛効果が期待できる。

デメリット

レーザー脱毛に比べて出力が弱く、効果が得られにくい。
日焼けした肌、毛を剃った直後の肌では施術できない。
ほくろがある場所では脱毛できない。

【必要な期間】
平均的に2ヶ月~3ヶ月に一回。全部で6回~12回程度。(毛のサイクルによる)
※クリニックや、施術部位、個人差により異なります。

レーザー脱毛と同じようにメラニンに反応するので、黒くて太い毛の脱毛に適しています。

医療レーザー脱毛


黒い色素(メラニン)に当たったレーザーが、熱で毛を破壊します。
その熱によって毛根の周りの細胞が損傷することで、毛の再生を抑制させていきます。
レーザーは一度に何本もの毛を処理することが出来るため、電気脱毛などに比べ、スピーディに処理することができます。

メリット

光脱毛に比べ、高い効果が期待できる。
出力エネルギーが大きく、照射範囲も広いため、光脱毛に比べて短時間で広範囲を処理する事が出来る。
医療機関で行うため安心。
肌表面に毛が伸びていなくても施術できる。
通院回数がサロンやエステより少なくて済む。
長期的な脱毛効果が期待できる。

デメリット

光の出力が強いので痛みがある。
エステ脱毛と比べて一回の料金が高め。
黒い色素に反応するので、白髪やうぶ毛には効果がないこともある。

【必要な期間】
・平均的に2ヶ月~3ヶ月に一回。全部で5回~8回程度。(毛のサイクルによる)
※クリニックや、施術部位、個人差により異なります。

肌の色が黒目の人や男性のヒゲ脱毛に向いています。

ナークスKのメリット・デメリット

メリット

毛穴の奥まで浸透して毛を溶かしていくので仕上がりが綺麗。カミソリやシェーバーで処理するより綺麗な仕上がり。
リキッドクリスタル製法により肌の刺激を最小限に抑える。界面活性剤の皮膚への浸透を抑える。
毛だけを溶かすので肌が傷つく心配がない。
使うほどに毛穴が閉まり、毛が細くなっていく。
アロエエキスやカモミラエキスなどの美容成分を配合していてツルツルお肌に。
除毛クリームなどでありがちな嫌な臭いがない。
簡単なので脱毛初心者の方にも問題なく使える。

デメリット

肌に合わない事がある。
カミソリに比べると少し時間はかかる。
カミソリ、毛抜きに比べ高価。
永久脱毛ではない。

>>ナークスKの詳細を見てみる

メリット・デメリットまとめ

自宅で行う除毛のカミソリや毛抜きは手軽で簡単ですが、埋没毛になったり肌を傷つけてしまう可能性があります。
エステや医療除毛についても調べたところ、まず一番大きなデメリットは通わなければいけない上にお金も高いというところ。
光除毛は効果が薄く、レーザーは痛みを伴ったり料金も高くなってしまう。
電気脱毛に関しては時間もお金もかかる上に大きな痛みも…。
一般的な除毛クリームに関しては臭いがキツかったり、成分に関しても心配がなかなか拭えません。
しかしナークスKであれば自宅で簡単な上、たっぷりな美容成分で安心に使うことができます。
調べてみた結果、メリットも大きく体への影響や料金的な心配も少ない為にナークスKはお勧めできます♪

>>ナークスKの口コミを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です