除毛後にできる黒いブツブツ、いわゆる埋没毛もナークスKなら解消できる!

日々の除毛を行っていく上で、多くの方がこの黒いブツブツに悩まされています。
それは皮膚の中に毛が埋もれてしまい、そのまま皮膚内で毛が成長して黒いブツブツとして見えてしまういわゆる「埋没毛」というもの。
一度なってしまうととても面倒なもので、気になるからといって抜こうとするも、取り出す上でまた皮膚を傷つけてしまいまた同じ場所に埋没毛ができてしまう危険性があります。

せっかくムダ毛処理をしたのに、キレイになるどころか逆効果になってしまう埋没毛。
それができてしまう仕組みだったり、その解消方法を調べてみました。
さらにナークスKは埋没毛に対してどのような効果があるのかも見てみたいと思います。

>>ナークスKの詳細

埋没毛ができる理由


残念ながら埋没毛ができるのは、ほとんどが自己処理で行う除毛が原因となります。
それも普通の毛と比べて埋没毛はとても厄介な存在。
そのまま放っておくと、肌のターンオーバーによって古い角質が剥がれ落ちて埋没毛が自然に出てきてくれることもありますが、皮膚の中で成長してしまったり黒ずみになったり毛穴の炎症を引き起こしてしまう危険性があります。
ではその埋没毛ができてしまう原因はどのようなものがあるのでしょうか。

そのほとんどはカミソリや毛抜きを使った処理で皮膚や毛穴を傷つけてしまう事によります。
特に問題となる事は以下の行いです。

・カミソリで毎日処理を行っている
・カミソリの交換を怠っている
・同じ箇所を何度も剃って肌を傷つけている
・逆剃りをしている

自己処理を行う回数が多いほどに肌を傷つけて肌へダメージが溜まっていきます。
間違った方法での処理を繰り返す為に、古い角質が溜まっていき毛が皮膚の外に出れなくなってしまうのです。
根本的な予防は自己処理を行う回数を減らすという事。
3日に一回程度の処理ならまだ大丈夫ですが、人によってはそんなに間隔を空けられないという人もいると思います。
特に、脇、Vライン、腕や脚は頻繁に処理を繰り返す場所の為、体の中でも埋没毛ができやすい部位となります。


他にも、毛抜きやブラジリアンワックスで自己処理をしている場合も毛穴が傷ついてしまい埋没毛になってしまう可能性があります。

このように、毛抜きやカミソリで何度も処理を行い毛穴に刺激を与えるとメラニンが集中発生してしまいます。
すると毛穴が色素沈着をしてしまうことによって黒く見えてしまうことも。
さらに、間違った処理を繰り返して毛穴や、毛穴の入り口が広がってしまっている可能性もあります。
広がった毛穴に古い角質と皮脂が混ざり合ったものである「角栓」が溜まり、その角栓が酸化すると黒っぽくなります。
これが黒くポツポツして見えることがあります。

埋没毛の予防

①カミソリを使った処理の予防方法


これまで通りカミソリを使った処理を行う場合、根本的な予防はやはり自己処理の回数を減らすことです。
安いカミソリを使い続けることで、菌が繁殖して毛穴の炎症を引き起こしてしまう原因にもなります。
その為、2~3週間程度でカミソリの刃を交換していく事が予防になります。

あとは処理を行う際に保湿力の高いシェービングジェルやクリームを使い、肌へのダメージを抑える事も重要です。
さらに剃り方にも注意が必要です。
最初は優しく毛の流れに沿ってシェービングし、同じ箇所を剃るのも多くて3~4回にとどめます。
剃り残しを気にしてしまい、もし逆剃りをする場合ははあくまでも仕上げの1回だけにします。

②電気シェーバーを使う


カミソリや毛抜きは直接肌を傷つけてしまいますが、電気シェーバーの肌に対する負担は小さいものです。
一見カミソリと同じように肌を傷つけてしまいそうですが、直接肌に触れずに処理を行うことができる為安心して使う事ができます。
しかしながら、カミソリなどに比べると剃り残しがジョリジョリしてしまって嫌う人もいるようです。
場所によって使い分けるのがいいかもしれません。

③エステやクリニックでの処理


お金や回数、時間がかかってしまうものの、やはり最も埋没毛のリスクが低いのがプロによる処理。
レーザーや光脱毛は回数を重ねるたびに毛が薄くなり自己処理の回数も減るので、埋没毛を根本的に予防することができます。
さらに皮膚の下にある毛も薄くしていくできるので、埋まっている毛にも脱毛効果が期待できます。

④ナークスKによる除毛


自己処理を行う上で除毛クリームやスプレーを使うというも予防に効果的です。
肌を傷つけずに毛根に作用して除毛を行うので、カミソリのように毛穴の問題が発生する可能性が低く、美白・保湿効果もあるため埋没毛になる心配がありません。
ただし、一度できた埋没毛には効果がなく、あくまで予防するための方法となります。

>>ナークスKの詳細

以上のように除毛を行う上での予防方法はありますが、除毛後のケアや生活習慣の改善もとても重要。
生活習慣が乱れると肌のターンオーバーが乱れ、古い角質が剥がれず黒いブツブツになったり色素沈着が起きてシミになってしまう可能性が増えます。
乾燥も角質のトラブルを引き起こすので、ボディクリームやローションなどを塗り保湿を欠かさないことも埋没毛の予防となります。

埋没毛になってしまったら


結局埋没毛になってしまったという方は焦らずに対処していくことが重要です。
間違ってもすぐに毛穴をほじくり出して毛を抜くというのはやめましょう。

・角質を柔らかくして治す

埋没毛は皮膚の表面から出ることができず、中で成長してしまっている状態です。
その為、皮膚を柔らかくする必要があります。
やはりお勧めなのがクリームを使って十分に保湿をしてあげるという事。
そうすることで閉じていた毛穴が開き、埋まっていた毛が自然と出てきてくれます。
クリームを肌に塗る時の摩擦でも毛が出てきてくれることもありますが、焦って強く擦らず忍耐も必要です。

・古い角質を剥がす

毛穴にこびりついた古い角質が黒ずんでしまい、さらに中で毛が抜け出せないようになっていることもあります。
それを解消するためにはスクラブを使って擦り、角質を取り除くというのも有効です。
細かい粒子が硬くなった角質を削り取り、それによって自然と埋もれた毛が出ていきやすくします。
もうすでにたくさんの埋没毛ができてしまったという方には特に有効です。

・蒸しタオルで温める

埋没毛ができてしまったところに蒸しタオルを当てる事によって毛穴を広げるというのも有効な方法です。
これもタオルの蒸気で毛穴が広がっていき、埋没毛が表面に出てきやすくなります。
クリームやスクラブが体に合わないという敏感肌の方にも使える方法となります。

・毛抜きで抜く

お勧めはしないのですが、どうやっても埋没毛がでてこないという最後の手段として毛抜きで抜くというのも方法の一つです。
いきなり無理して抜くことは、皮膚をさらに傷つけてしまい悪循環となってしまいます。
しかし皮膚の中で成長してしまい出てこれなくなった毛は、場合によっては皮膚の下で炎症を起こして腫れてしまうということも。
どんどん黒ずんでいくということもあるので、最悪病院で処置してもらいましょう。

たまにネットで、「埋没毛を放置すれば肌に吸収されて無くなる」という事が書かれている事がありますが、これは嘘です。
安心して放置するとさらに悪化してしまうので気をつけましょう。

埋没毛のまとめ

カミソリや毛抜きでの除毛は肌を傷つけてしまい埋没毛になってしまうのがお分かりになったかと思います。
ナークスKは既にできてしまった埋没毛には効果がありませんが、その予防として有効なものです。
予防をする上で保湿もとても重要なので、それに関してもナークスKは効果があると言えます。

しかし万が一埋没毛ができてしまったという場合は、焦らずしっかりと保湿をして自然に解消していくことが重要です。
これで黒いブツブツのない綺麗な体を作っていきましょう♪

>>ナークスKの口コミはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です