ナークスKは除毛に関してはかなり効果があるけど、肌に悪影響はある?

ムダ毛は処理しても処理しても生えてきてかなり厄介ですよね。
正直、あったって何の役にも立たないからできれば生えないでほしい・・・。
そう思う人も多いと思います。
なので脱毛エステで永久脱毛する人も世の中にはたくさんいます。

しかし永久脱毛するにしても、お金がかかったり時間がかかったりして意外に面倒なことが多いので、最初はムダ毛を全て無くすんだ!という確固たる意志のもと脱毛サロンやエステに通い始めても、結局は通うのをやめてしまう人も多いのも事実。
そういったようなことがあるので、ムダ毛を完全に無くすというのはなかなか難しかったりします。

しかしナークスKは自宅にいながら無くしたいムダ毛を短時間かつほぼ完全に除毛することができます。
その除毛力はかなり強力で、一度使えばほとんどのムダ毛を処理することができます。

しかし、そこまで強力だと肌が荒れてしまったり肌まで溶かしてしまってケガをするんじゃないか・・・?ということを心配する人がいるのも事実。
確かにムダ毛をほぼ完全に除毛するとなれば、ナークスKの薬剤は肌にも付着するわけですし肌にも何らかの影響がありそう。

結果的に言えば、ナークスKは肌にも影響を及ぼします!

しかし、それは悪い影響ではなく良い影響なんです。
それがどういうことかを今回はご紹介したいと思います。

 
ナークスKの詳細はこちら>>

ナークスKはどのようにして毛を除毛している?


ナークスKは『チオグリコール酸カルシウム』という成分で毛を溶かし、除毛します。
このチオグリコール酸カルシウムには毛のタンパク質を分解する力があり、この効果を使ってムダ毛を溶かして処理をします。

チオグリコール酸カルシウム:
チオグリコール酸カルシウムは、アルカリ系の成分です。
この成分が、ケラチンタンパク質で構成されている毛に働きかけることで、
毛を除毛することができるようになっています。
タンパク質とアルカリ性が反応することで、毛を溶かすようになるというわけです。

 
しかしここで気になるのが肌への影響ですね。
毛がタンパク質で出来ているのと同様に、肌もタンパク質で構成されています。

ということは、チオグリコール酸カルシウムはタンパク質を分解する作用があるのだから、タンパク質でできている肌もムダ毛と一緒に溶かしてしまってかなり危険なのでは?と思えます。

でも実際にはナークスKを使ってムダ毛処理をしても、肌が溶けちゃった!という話は聞きませんし実際そういうことはありません。
それは何故なのでしょうか?

 
ナークスKの詳細はこちら>>

ナークスKが肌を溶かさずムダ毛だけをピンポイントで溶かすことができる理由


チオグリコール酸カルシウムは、そのままの状態ですととても強力でタンパク質を容赦なく溶かしてしまう性質があります。
そして、ナークスKはチオグリコール酸カルシウムを主成分としています。

チオグリコール酸カルシウムが何の調整もされずにそのまま使われていれば、ムダ毛だけでなく肌にも当然悪影響が出てしまいます。

しかしナークスKに使われているチオグリコール酸カルシウムは、濃度を薄めて肌に影響が出ないように調整されています。
毛のタンパク質は肌のタンパク質に比べて結合力が弱いため、この調整をすることでムダ毛だけを分解して肌へダメージを与えない濃度に設定されているんです。

この調整により、ナークスKは肌に悪い影響を与えることなくムダ毛だけを溶かして除毛することができます。

その代わり、ナークスKをムダ毛に塗りこんだ後は少し時間をおく必要があります。
濃度調整のため薄めている分、十分な効果が出るまでには少し時間がかかるためです。

 

ナークスKは肌を溶かすことはありません。さらに・・・


ナークスKはタンパク質を溶かすことができる強力な成分を使っていますが、濃度を調整することによってムダ毛のタンパク質だけを溶かすようにしています。

ただ、これで完全に肌に影響が無く絶対に安心して良い!というわけではありません。
濃度を薄めているので肌に影響は無いと言っても、肌の状態は一人一人違いますし、肌がもともと強い人もいれば弱い人もいます。
また、肌の状態は個人レベルで見たとしても、その日の体調によっても左右されるために場合によっては肌にも少し影響が出て、肌荒れを起こしてしまうことも可能性として考えられるわけです。

その対策として、ナークスKには肌をケアする成分が数種類配合されています。

その代表的なものがアロエエキス、カモミラエキス、加水分解コラーゲンなどです。

アロエエキス:
アロエは、アロインやアロエエモジン、多糖類、タンニン、ステロイド、有機酸、アミノ酸、グルクロン酸といった成分を含んでいます。
これらは保湿効果や抗炎症作用、美白効果、紫外線吸収作用、チロシナーゼ、活性阻害作用、収れん作用などの効果があります。
こういった効果を得るために、アロエは肌荒れ防止目的の化粧品にも多く使用されています。

 

カモミラエキス:
キク科のカミツレの花から抽出された成分で、非常に肌に優しいことが特徴です。
保湿効果があり、肌を正常な状態へと整える働きを持っています。また、シミやそばかすの改善にも効果があるので、美白効果を目的とした化粧品などにも使われています。

 

加水分解コラーゲン:
加水分解コラーゲンは保湿効果に優れていて、皮膚や頭髪の表面のしなやかな保護膜を作って水分を保持します。
肌荒れを防いでみずみずしく整った肌にしたり、髪の毛の損傷予防にも効果があるため、髪に使用するとツヤのあるきれいな髪になります。

 

これらの成分のおかげで、ナークスKを使って肌が荒れてしまうどころか、逆に肌がすべすべになって調子がよくなったという声もあるほどです。
ナークスKに使われているチオグリコール酸カルシウムは強力ですが、その効果をカバーしてさらに追加効果までもたらしてしまうのが特徴です。

 
ナークスKの詳細はこちら>>

SNSでのナークスKを使ったことによる反応

SNSでも、ナークスKを使って効果を実感したと書いている人が多いようですね。
これらSNSの書き込みや、口コミを見てみても肌が溶けてしまった!というものは一切見られず、肌荒れして大変な目にあった!という書き込みもほとんど見られません。

SNSでは実際に使った感想を書いている人がほとんどなので、これらは生の意見としてかなり信憑性があるのではないかと思います。

 
ナークスKの詳細はこちら>>

ナークスKは除毛に関してはかなり効果があるけど、肌に悪影響はある? まとめ


ナークスKはその強力な効果から、ムダ毛を効果的に除毛することができますが、その反面肌にも悪い影響が出るのではないか?という心配をする人も一定数います。

しかしナークスKに使われている薬剤は強力といっても濃度調整されているので、肌にできるだけ影響を与えずムダ毛だけを処理できます。
薬剤の濃度が調整されているのでとても強い毛は一回の作業では除毛しきれない場合もありますが、もう一度同じ作業することでほぼ除毛することができます。

ナークスKに効果があるのは分かったけど、その分危険なんじゃないか?
と不安に思っていた方は、そこまで心配する必要はありません。

ナークスKを一度使ってみて、一度効果を実感してみてはいかがでしょうか?^^

ナークスKの口コミを見てみる>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です